FX1000通貨より少額!たったの100円で出来る業者の話

抵抗付近で逆張りするときは撤退の見極め方が重要に

損切りのラインを建値から少しでも縮めるためにレンジ相場で抵抗を背にした取引方法がFXでは好まれていますが、パッと見てわかりやすい反転ポイントだから高い確率で価格が折り返すおかげで安全といえるものの、実は気をつけて取引しないと小さな損が積み重なってしまうこともあります。

ハウツー本なんかに書かれている抵抗の間で動く綺麗なチャートというものはそれほどなく、たいていの場合はブレイク後に飛びつくトレンド勢やストップを巻き込んで目標のオプションに近づける勢の熱い攻防が起こっていて、レンジ相場に明確な抵抗のラインはない感じがするのです。

逆張りするときはレンジの数pips外にストップを置いて安全策を図る人が多いかもしれないけれど、よっぽど長くブレイク後の余波が続いてトレンドっぽくならない限りはまたすぐレンジ内の価格帯に戻ってくることもザラですし、ストップを刈られただけで終わったりします。

それが一度や二度程度ならまだ許せる範囲の損失と受け止められますが、ダマシが起こるたびに抵抗のラインも広がってきてはっきりした壁を背に逆張りするのが難しくなってくるから、FXでレンジ相場の逆張りをするときにはローソク足だけを見ていないでストキャスなどを同時にチェックするといいと思います。

個人的な判断では価格が抵抗で一旦折り返したときに、ストキャスの戻りがそれまでと比べて甘いと逆張りはやめたほうが無難かもしれないというサインと感じていて、実際にそういうときほど直後にストキャスが張り付いて取引に使えなくなってしまうから、早めに撤退するのがほどほどの利益でレンジ取引を終わらせるコツです。

こうしていないといつまでもレンジの端だと思っている場所で逆張りを繰り返してしまい、いくら小さい幅で損切りしやすい逆張りでもチリも積もればなんとやらだから、たとえオシレーターを一切見ない手法でも連続で負けたときは素直に取引を中止してしばらく様子見するという習慣が、勝率が重要なスタイルで少額FXするのに大事なのです。

サイトマップFXではトレンド系を利用することで相場の流れを予測することができる初心者でも利益が得られやすいFXトレードのメリットやっといつものような相場が戻ってきたと安心する。レバレッジをかけてFXの取引をする場合について豪ドル円の1時間足は下降トレンド。戻りを待って売るつもり。