FX1000通貨より少額!たったの100円で出来る業者の話

FXで損切りはとても大切だと思います。

私はFX1000通貨を始めて7年程になりますが、取引を始めた当初は含み損が膨らんできても中々損切りが出来ませんでした。 もう少し待てば含み損が解消されるかもという期待をしてしまい、損切りのタイミングを逃していました。 実際に損切りをしないでポジションを持ったままでいたら、時間はかかったけど利益を得る事が出来たという事もあったので、損切りをする事に抵抗がありました。 今思えば、ただ単に運が良かっただけだったのですが、その当時は損切りをしなくてよかったと思っていました。

しかしある時、急に相場が一方的な方向に急激に動きだした時がありました。 最初はその内戻るだろうと思っていたのですが、私の考えとは反対にどんどん含み損が多くなっていき、とても不安に襲われました。 それまでロスカットをされた事がなかったのですが、このままだとロスカットになってしまうと、とても焦りました。 その当時仕事をしていたのですが、仕事中もFXの事が頭を離れなくて精神的にとても辛かったです。 結局、その時持っていたポジションはロスカットされ、大きな損失を出してしまいました。

その以来、ポジションを持ったら必ず損切りのラインを決めて、決済の逆指値を入れるようになりました。 逆指値にかかって損失を出す事もありますが、ロスカットのような大きな金額を失う事はありません。 1度大きな損失を出すと、それを取り戻す事はとても難しいです。 損切りを入れておけば損失は想定内の金額ですむので、次の取引に大きな影響はありません。

FXの取引をしていて、全ての取引で利益を出す事は難しいと思うので、損失は出来るだけ小さい方がダメージも少なくてすみます。 今は必ずポジションを持ったらすぐに、決済の指値と損切りの逆指値を入れるようにしています。 このような方法で取引をするようになってから、ロスカットされる事もなくなり、少しづつ利益を出せるようになってきました。 FXの取引において損切りは大切な事だと感じています。

サイトマップFXではトレンド系を利用することで相場の流れを予測することができる初心者でも利益が得られやすいFXトレードのメリットやっといつものような相場が戻ってきたと安心する。レバレッジをかけてFXの取引をする場合について豪ドル円の1時間足は下降トレンド。戻りを待って売るつもり。