FX1000通貨より少額!たったの100円で出来る業者の話

いつもより遅めの相場観察

7月1日。14時からFX1000通貨の相場観察を行っています。いつもより1時間遅めの相場観察。その時間を有効活用して有意義に過ごせました。お気に入りの本を読んで、紅茶を飲んでお菓子を食べました。相場のことを何も考えずに過ごしたことで頭がスッキリしました。わからない相場を分かるようにしようと思ってじっと見ていた時期がありました。初心者の頃は、見続けていれば、分からない相場もわかるようになるんだと信じていました。

しかし、いつまでたってもわからない相場が読めるようになることはありませんでした。無理に見続けた結果私を待っていたものは、目の疲れや、目の疲れから来る頭痛でした。頭痛薬を飲む羽目になり、無駄な時間を過ごしました。本来だったらその時間を喫茶店に行くとか少し横になって体の疲れをとるとか、楽しいことをする時間にできたと思うのに、私が執着しすぎたことでよくない結果を招きました。相場は24時間見ていられますが、何処かで折り合いを付けなければいけないという事を学びました。

動かないなら諦めも肝心。かえって諦めて別のことをしたほうが脳は元気になる。動かない相場のたびに息抜きをしたことで、それがよくわかるようになりました。トレードを長続きさせるためには苦しいやり方は続きません。最初は苦しいことでも我慢してやればできるかもしれない。でも、いずれ限界はやってきます。ストレスから体の不調が起こるかもしれないし、もう嫌だと投げ出してしまうかもしれません。そうなったらどうでしょう。

効率よくトレードできているとはとても思えません。自分にとって楽なやり方が最終的には続きます。それは人それぞれなので、自分が見つけるしかありません。ただ、おすすめできる相場との向き合い方ならあります。脳を休めることです。脳が疲れてしまうから嫌になるのです。だったら疲れないようにするのが一番です。寝る、モーツァルトを聴く、です。この2つは誰にでも効果があると思います。モーツァルトには脳をリラックスさせる効果があります。寝ることで、脳はリセットされます。

サイトマップFXではトレンド系を利用することで相場の流れを予測することができる初心者でも利益が得られやすいFXトレードのメリットやっといつものような相場が戻ってきたと安心する。レバレッジをかけてFXの取引をする場合について豪ドル円の1時間足は下降トレンド。戻りを待って売るつもり。