FX1000通貨より少額!たったの100円で出来る業者の話

FXデイトレードの注意点、および注目ポイント

FX1000通貨について知っておいて頂きたいことを、デイトレードに絞ってお話ししたいと思います。 FXは個人トレーダーが最も参加しやすい投資方法と言えます。レバレッジをかけることによって元手の何倍もの資金を運用でき、誰でも少額で取引を始められます。FX初心者向けには、1日5分の取引で何万円、主婦が空き時間にパソコンを見るだけで月100万円…など、いかにも「お手軽」そうな広告が溢れています。ですがここにはちょっとした誤解があるように思えます。

確かに、FXの取引に難しいことは何もありません。注文ボタンをポン!と押せば済みます。しかし利益を上げるためには、ボタンを押すタイミングこそ重要なのです。24時間取引ができることはFXの大きな魅力ですが、「いつでも取引可能=いつでも儲けるチャンス」では必ずしもありません。 実際見ていればわかりますが、相場には「波」があります。デイトレードはその中でも特に小さな波をとらえる作業なわけですから、よりシビアなタイミングの見極めが必要になります。

そのためにはやはり、チャート等で通貨の値動きを監視するのが大事になってきます。1日の中でもほとんど値が動かない時間もあれば、一転して大きく上下する時間もあります。値動きのない時にエントリーを仕掛けても焦れるばかりです。ではエントリーに適したポイントはどこなのかと言いますと、これはチャートの転換点、値がどちらかの方向に大きく動きだした瞬間ということになります。その波に乗り遅れず飛び乗るのが最も確実かつ効率的なエントリーです。

ご承知のように、FXの値動きにはアジア(東京)、ロンドン、NYといった世界の市場の動向が大きく関わってきます。日本の銀行がその日の公示レートを発表する東京仲値(午前10時頃)、金のスポット価格が決まるロンドンフィキシング(日本時間午前0時頃)などは特に、相場が動意づきやすい注目ポイントと言えます。こういった市場の動きやチャートそのものの形をよく見ることが、デイトレードを成功させるための大きなコツです。

いずれにせよ、ここぞ!というチャンスは1日にそう多くはありません。最初に触れたような、FXはちらっとチャートを見るだけで利益が出せる…と思わせるような広告は、ちょっと大げさではないかとも思います。 かといってネガティブなイメージを持つことはありません。FXがいかにお手軽といえど、勝つためにはそれなりの時間を割く必要がある、というだけのことです。少ない資金で始められるのがFXの強みですから、自分に合った額でこつこつと経験を積んでいきましょう。焦らなくとも、チャンスはそれこそ無限に広がっています。

サイトマップFXではトレンド系を利用することで相場の流れを予測することができる初心者でも利益が得られやすいFXトレードのメリットやっといつものような相場が戻ってきたと安心する。レバレッジをかけてFXの取引をする場合について豪ドル円の1時間足は下降トレンド。戻りを待って売るつもり。