FX1000通貨より少額!たったの100円で出来る業者の話

6月29日から3日経った今の状況

7月1日。外は雨が降っています。今日から7月だというのに小寒いです。半袖を着る予定でしたが、ちょっと寒いので長袖の服を着ています。きのうは暑かったので、アイスクリームを買いだめしました。炭酸水も買って夏の準備をしたのに全然7月らしくないよ~。また、相場の雰囲気も7月らしくない。活気に満ちて懸念問題のない相場だったら7月っぽいって思うのに現実はギリシャ問題を抱えています。6月29日にクロス円達は大きく下に窓を開けて荒れました。

ユーロ円なんか4円程も開けて大荒れ状態。豪ドル円は2円の窓。どのクロス円も普段のときの2倍以上の窓を開けました。上に開ければ爽やかな窓開けだったのですが、大きく下に窓を開けられると冬の寒気を吸い込んでいるみたい。凄まじい窓を見た瞬間に私の体の熱が抜けていきそうな感覚でした。頭は思考停止状態。信じられない。一体何が起こったの?トレード戦略を考えるどころじゃないよ~。そのときは豪ドル円を見ていて2円という普通では考えられない規模の窓に思い悩み、しばらくはFX100円のチャートをボーッと見て何もできない状態でした。その日はもう思い切って息抜きの時間にしました。

気持ちが崩れないように気持ちの持ち方に関する本を読んだり、紅茶を飲んでテレビを観て気楽にやるぐらいのことしかできませんでした。あれから3日が経った今、1日ごとに為替は落ち着きを取り戻して本日の東京時間は、いつも通りの雰囲気という感じ。だけど、懸念問題が隠れているので非常に危険。何かのきっかけでまた下げ始めるかもしれない。油断できない状況です。現在は午前11時。相場全体の傾向としては円売りです。豪ドル円は、94.55。

また前のようにレンジ枠に戻ってきました。また95円に戻って、前のように95円から96円のレンジを行ったり来たりする方向感のない動きを継続するのかな。もしそうだとしたら、少しもトレードチャンスが訪れない。利益を得たければどうすればよかったのか?ギリシャ問題での窓開けがチャンスだったってことになる。金曜日のマーケットが閉まる時に売りを入れておけば2円近く下落して儲かっていました。そして、その位置からロングしていれば窓埋めになってダブルで美味しかった。こうするのが正解だったんだと今にして思う。

サイトマップFXではトレンド系を利用することで相場の流れを予測することができる初心者でも利益が得られやすいFXトレードのメリットやっといつものような相場が戻ってきたと安心する。レバレッジをかけてFXの取引をする場合について豪ドル円の1時間足は下降トレンド。戻りを待って売るつもり。