FX1000通貨より少額!たったの100円で出来る業者の話

ギリシャ問題で大荒れだった相場は一旦落ち着きを見せた

7月1日。東京時間が終了しました。時間中クロス円は、安定した値動きを見せていました。しかし、ここ2日前を振り返るとすごい相場でした。6月29日の東京時間は、朝からずっと荒れていました。値幅はどのクロス円も1円以上。東京時間になる前から、ギリシャ問題でボラの高い相場がスタートしていました。いつも週明けはレートの変動が大人しく、クロス円は眠っています。だいたいはそれが基本。なのに、ギリシャ問題のおかげで朝から長距離マラソンの雰囲気でした。

開けた窓を埋めるために埋まる方向に向かってレートが走る動き。懸念で開けた窓をまた閉めに走る忙しい動きをクロス円はしていました。豪ドル円は、午前中に2円程の窓埋め完了。だけど、ユーロ円やポンド円はまだ。ユーロ円はニューヨーク時間深夜にやっと窓を埋めて一息つく動き。力尽きて下落したのでありました。すべては窓埋めのために動いた1日でした。激しかった。それを思うと、今日の東京時間の相場は可愛いものです。トレードできる雰囲気ではないけど、荒れないだけ有り難いと思います。私は待ちますよ!待つのが相場ですから。市場を揺るがしているギリシャ問題がおさまってくるのを首を長くして待ちます。

チャンスの相場が来るまでは絶対に手を出しません。お腹を痛めて卵を産んだ鳥の親が、卵がかえるまでずっと辛抱して温めるような感じで見守り続けます。自分にとっての卵は今まで積み上げてきた利益です。それを今の相場で差し出して壊してしまう事だけは絶対に避けたい。積み上げた利益は、これから貴重な財産を生むための貴重な卵。トレードをする人は、それを壊さないように守り続ける必要があります。毎日いろんな相場が訪れるから難しいよね。やりやすい相場だったら、壊す恐れもないでしょう。しかし、急にあらわれる台風のような相場もあります。大事なことは、こういう相場との接触を出来る限り避けること。わかっていたらやらないことです。待つことは、利益を保ち続けるための貴重な方法です。

サイトマップFXではトレンド系を利用することで相場の流れを予測することができる初心者でも利益が得られやすいFXトレードのメリットやっといつものような相場が戻ってきたと安心する。レバレッジをかけてFXの取引をする場合について豪ドル円の1時間足は下降トレンド。戻りを待って売るつもり。