FX1000通貨より少額!たったの100円で出来る業者の話

損切とスワップ1000通貨単位での取引

初心者やFXでどうしても勝てないという人の特徴として、 「損切ができない」というものがあげられます。 もうこれは、FXをする人なら、耳が痛くなるほど聞かされてきた言葉でしょうし、 FXと損切はワンセットのものだと言っても過言ではないでしょう。 それでも、損切ができない。あれほどダメだダメだと言われても、 損切ができない。 一体なぜなのか… かくいう私も損切ができない人間でした。

デイトレで、毎日取引を行い、勝ち馬に乗っているときは調子がいいのですが、 負けが込みだすと止まらない。 いつかまた元に戻る、そう信じたまま損切ができない。 結局、それまで勝っていた差益分もすっとぶ始末。 向いてないんじゃないか?そう考えたこともありました。 今、考えるとそうだったのかもしれません。 私には、短期売買が向いていなかったのですね。 高リスクを伴う、スキャルピング、デイトレといった手法は私には向いていませんでした。 スワップ取引。 誰もが知っている取引手法。

だが、FXの醍醐味は一攫千金。スワップで手に入る利益などたかが知れている。 ですが、スワップ取引の手法に変えた、私は、 それまで全く勝てなかったのに、しっかりとした利益を残せるようになっていきました。 いえ、実際には負けてはいるのです。 それまでデイトレのときなどは、 負けがこめば取り返すことに躍起で、損切ができない上に、 やっと(当然損失を抱えたまま)手仕舞いができたとしても、 熱くなったまま、次の取引に臨み、負けを繰り返す… ですが、スワップ取引という、いわゆる長期取引が、 おそらく自分の意気込みをいい感じに冷ましているのでしょう。

リスクの少なさ、画面の前でつきっきりでなくてもいい手軽さ… そういったことが、自分に冷静さを取り戻してくれたように思えます。 損切もなんの抵抗もないといえば嘘になりますが、 今までよりかは、スムーズにできるようになりました。 おかげさまで、負けた回数が(損失を抱えたままの手仕舞い)割合として減ったわけでは ありませんが、実際の損失額でみると大幅に下げることができ、 多少なりとも手元のに利益を残すことができるようになりました。

FXにはさまざまな取引手法があります。 自分の性格と照らし合わせてみて、熱くなりやすい人は、あえて 気長に取引ができるスワップ手法をとり入れてみてはいかがでしょうか? また、最近では、性懲りもなく、そこに中期的な手法も取り入れています。 一旦、スワップ手法で相場を客観的に見れるようになったからか、 徐々にそちらも結果が出始めています。

FX 1000通貨はリスクのあるものではありますが、 やはりそのリスクを認識するには、それなりの失敗を踏まえなくては、 リアルなリスクの認識は難しいかと思います。 そして、そこから何を学び、反省し、修正していくのか。 なんだか、最後は説教臭くなってしまいましたが、 これからもしっかり自分を磨きながら、FX取引を成功させていきたいと思っています。 駄文ではありますが、この記事が少しでも皆さんの手助けになれば幸いです。

サイトマップFXではトレンド系を利用することで相場の流れを予測することができる初心者でも利益が得られやすいFXトレードのメリットやっといつものような相場が戻ってきたと安心する。レバレッジをかけてFXの取引をする場合について豪ドル円の1時間足は下降トレンド。戻りを待って売るつもり。