FX1000通貨より少額!たったの100円で出来る業者の話

流動性を考えてFX1000通貨の取引を行うべき

FX1000通貨の取引を行うときには流動性を意識することは必要なことの一つです。一般的に主要通貨は流動性が高い傾向があります。しかし、常に流動性が高いわけではなくて、時間帯や時期によって異なっているという点に注意しなければなりません。ですから、いつ取引しても同じだけの流動性が確保されているわけではありません。FX1000通貨の取引をするときには流動性について把握しておくことは必要なことの一つです。

最も流動性が高まる時刻というのは通貨ペアによって異なっています。東京市場が開いているときには、やはり日本円の流動性は高くなります。世界的に通貨の取引が最も多く行われる時間帯は、ロンドンとニューヨークの両方が開いている時間です。通貨や貴金属、コモディティに関しては、ロンドンは最も多くの取引が行われている市場で、ニューヨークはそれに次ぎます。ですから、この両者が重なっている時間帯では非常に活発な取引が行われます。

ニューヨーク市場が引けると、次はオセアニア市場や東京市場が開くまでは流動性の乏しい状態が続きます。FX1000通貨の取引をしていればロールオーバーが毎朝行われますが、その時間帯の前後が最も流動性が低いと言えるでしょう。この時間帯には、流動性の低さを狙ってヘッジファンドが仕掛けてくることもあります。朝方に変な動きをすることがあるのは、このように流動性が低いからだと考えられます。

他にも、指標発表前は取引を控える投資家が多いために、流動性が低下する傾向があります。たとえば米国の雇用統計の発表前には、取引があまり行われなくなることが多いです。要人発言についても同じように、その前には流動性が低下しやすい傾向があります。そして、指標の発表や要人発言が終わった瞬間に相場が大きく動くことがあります。このようなタイミングで動いた方向に載っていくのも良いですし、押し目や吹き値を形成するタイミングを見計らうのも良い方法です。

サイトマップFXではトレンド系を利用することで相場の流れを予測することができる初心者でも利益が得られやすいFXトレードのメリットやっといつものような相場が戻ってきたと安心する。レバレッジをかけてFXの取引をする場合について豪ドル円の1時間足は下降トレンド。戻りを待って売るつもり。