FX1000通貨より少額!たったの100円で出来る業者の話

FX1000通貨の取引では証拠金も小さい

FX 1000通貨で取引をするメリットの一つが少額で取引ができることです。証拠金の金額については、それぞれの業者が定めていますが、基本となるのはレバレッジです。日本では個人投資家に対してレバレッジ規制があります。レバレッジは最大でも25倍に定められています。たとえば1ドル=120円の時に1万ドルの取引をするためには、ポジションは120万円ですから、最低でも必要な証拠金は4万8,000円になります。実際にはある程度の余裕も必要ですから、5万円から10万円くらいの資金はあったほうが良いでしょう。

FX1000通貨の取引を行う場合、1,000通貨のポジションしか持ちません。1ドル=120円であれば、1,000通貨は12万円となり、レバレッジが25バイト仮定すれば4,800円があれば良いです。やはり余裕は必要ですから、証拠金としては5,000円から1万円くらい必要でしょう。とは言っても、1万円くらいであれば、もしも前額を失っても、あまり痛くはないでしょう。これくらいの少額で取引ができるメリットは非常に大きいと考えられます。

必要な証拠金の金額は、契約するレバレッジによって異なりますから、計算できるようになっておくほうが良いです。レバレッジとは、証拠金に対するポジションの大きさの比率を指します。たとえば証拠金が10万円あって、120万円のポジションを持っていれば12倍と計算されます。これを逆算すれば、ポジションの大きさをレバレッジで割ると、最低限必要な証拠金の金額が分かります。

たとえば、FX1000通貨でレバレッジが10倍の口座を開設したとしましょう。このときに、ユーロの取引をしようと思った場合にはどれくらい必要になるのでしょうか。1ユーロはだいたい140円くらいですから、1,000通貨なら14万円です。レバレッジが10倍ですから、10で割って、だいたい1万4,000円の証拠金があれば取引できることが分かるでしょう。

サイトマップFXではトレンド系を利用することで相場の流れを予測することができる初心者でも利益が得られやすいFXトレードのメリットやっといつものような相場が戻ってきたと安心する。レバレッジをかけてFXの取引をする場合について豪ドル円の1時間足は下降トレンド。戻りを待って売るつもり。