FX1000通貨より少額!たったの100円で出来る業者の話

少額FXはこんな人にオススメ

実際に検証してみました
実際に検証してみました

知人がFXで大勝ちしたという話を聞いて、デモトレードを始めました。よくある話ですが、デモだとなぜか圧勝できるんですよね。恐らく、緊張感が足りないのが原因だと思い、軍資金10万円で取引出来るFX業者を探していました。

ネットでいろいろ調べてみると、最低取引単位が"FX1000通貨"のところなら、この金額でも十分に取引できます。本当はそこで取引しようと思ったのですが、例の知人に「えっ、1単位で出来るところあるよ?」と言われました。1単位ということは約4円あれば取引が出来る計算になります!軍資金10万円どころか100円あれば十分取引可能です!

基本的にFXの口座を開設をするだけなら費用はかかりません。なので「まずは試しに!」という軽いノリですぐに申し込んでみました。

ゴリゴリ稼ぐ専業トレーダーには少し物足りないかもしれませんが、自分のような初心者にとっては十分使いやすくてとても満足しています!特に1単位の取引に対応している会社は珍しいので、少額からFX取引を体験してみたい方には絶対にオススメです!

100円でFXを始める3つのメリット

今から100円FXを始める人にオススメなのは

SBI FXトレード

FX1000通貨より少額の1通貨単位で100円取引

  • あの有名なSBIグループが提供!
  • 最低取引単位が1通貨!約4円で取引可!
  • 米ドル円原則固定0.27銭を採用!
  • 小数点以下4桁の提示レートを採用!
  • 高機能なスマートフォンアプリ!
取引手数料 初回入金額 取引単位 通貨ペア
無料 指定なし 1通貨 11種類
スマホ取引 クイック入金 ドル円スプレッド 会社資本金
可能 全国380行
に対応
原則固定
0.27銭
4億
8000万円
SBIFXトレードの公式サイトへ
↑最短5分で申込み完了!口座開設は無料

FX1000通貨で取引を始めた人々の感想

20代 男性 学生

20代 男性 学生

僕は現在、都内の某大学で学生をやっています。1000通貨 FXについては先輩から教えてもらったのですが、先輩のように上手いトレードが出来ずに悩んでいました。

このことを先輩に相談をしたら「1通貨単位の業者でFX100円取引すれば少額で出来るよ?」と返されて試しにSBI FXトレードというところで口座開設をしました。

試しにやってみると1単位って数円あれば取引できるんですね!これはまさに目からウロコの情報でした。この金額での取引なら恐くないので、安定して勝てるようになったらもう少し本格的なトレードをしてみようと思っています!

30代 女性 主婦

30代 女性 主婦

私は子育てをしながら出来る副業はないものかと探していたところに、保育園のママ友から紹介されてFX 1000通貨を知りました。最初は「私が投資なんて無理!」と思っていたのですが、世の中には4億円を脱税をした主婦トレーダーさんもいるそうなので徐々に考え方が変わってきました。

とはいっても、働いていない私には軍資金がないので困っていたところにSBIさんのサービスを知りました。勝率はまだまだ低いものの、家事の合間にお小遣い程度で取引できるのは助かります。何より100円という少額からでも気軽に始めることができて、ぜんぜん恐くないので毎日楽しんで取引をしていますよ!

60代 男性 会社員

60代 男性 会社員

私は去年の10月に定年退職をしたのですが、年金をもらうまでの間の職を探していたところにFX1000通貨というものを知りました。本音では退職金をまるごと使って資産運用したいところですが、さすがにそんなバカげたことは私には出来ません。

どちらかというと石橋を叩いて渡る派の私には、100円あれば取引が出来る1通貨単位のFX業者がピッタリでした!色々と勉強した中でも一番相性の良い取引方法は為替のスイングトレードなので、少額で勝てるように極めてから投資額を少しずつ大きくしていこうと企んでいます。

他にもあります!FX1000通貨に対応した業者

名称 初回
入金額
取引
単位
通貨
ペア
ドル円
スプレッド
自己資本規制比率
(2014年12月末)
SBI FXトレード ○

指定なし

○

1通貨

○

11種類

○

0.27銭

○

872.8%

YJFX ○

指定なし

○

1000通貨

○

22種類

○

0.3銭

○

1128.1%

外為オンライン ○

5千円

○

1000通貨

○

24種類

○

10銭

○

565.6%

みんなのFX ○

指定なし

○

1000通貨

○

16種類

○

0.4銭

○

148.5%

LION FX ○

1万円

○

1000通貨

○

50種類

○

0.3銭

○

270.9%

でも、やっぱりオススメなのは

SBI FXトレード

FX1000通貨より少額の1通貨単位で100円取引

  • あの有名なSBIグループが提供!
  • 最低取引単位が1通貨!約4円で取引可!
  • 米ドル円原則固定0.27銭を採用!
  • 小数点以下4桁の提示レートを採用!
  • 高機能なスマートフォンアプリ!
取引手数料 初回入金額 取引単位 通貨ペア
無料 指定なし 1通貨 11種類
スマホ取引 クイック入金 ドル円スプレッド 会社資本金
可能 全国380行
に対応
原則固定
0.27銭
4億
8000万円
SBIFXトレードの公式サイトへ
↑最短5分で申込み完了!口座開設は無料

投資は難しいものだと思っている人は、多いのではないでしょうか。確かに投資をしてそれで利益を上げるということは、簡単なものではありません。利益を出すためにはしっかりと勉強をして、確率の高い取引をすることが重要となってきますがそのためには実際に取引をして相場の中で試行錯誤をする必要があります。

しかし、いくら授業料といっても大きな損失を出してしまうのであれば、その負担というのが大きなものとなってしまいますから、気軽に投資をすることもできないものです。 そこで、そのような時に少額の資金から投資をすることができ、勉強をするのに最適なのがFXです。

業者によっては100円の証拠金でスタートをすることができるため、初めて投資をしようとするときにも最適です。FX100円でスタートをするためには、取引単位が1通貨からはじめることができる業者を選ぶ必要があります。1通貨から取引をすることができるのであれば、証拠金も”4円程度”で済むために可能となっているのです。

1通貨単位であれば、1円動いてようやく1円の損益ですから損益の問題に関してはほぼ気にせずに取引をすることができ、それでいて実際にお金がかかっているということで、相場にいどむ姿勢に関してもデモトレードとは比較にならないぐらいに実践的なものとすることができます。

投資というのはその時の精神状態によっても、取引が左右されることが多いため常に同じような取引をすることが求められるのですが、デモトレードと実際にお金がかかっている状況というのは気持ちの面でも大きな差があるため、少額であっても実際にお金が動いていた方が取引の勉強には適しているといえるのです。そのため、投資を始めようと思った時には100円からでも取引を始めることができる業者を選んで、FXを始めてみてはいかがでしょうか。

私は、FXを知ったときにレバレッジというしくみに魅せられて一攫千金を夢見ました。株取引ではできない夜のデイトレードが可能だということ、24時間の市場であることなど、魅力が一杯でした。はじめのうちはアメリカの雇用統計の発表に会わせて大きく動く、その動きに乗ることを目論むなど一発勝負的な取り引きを好んでしていました。

ところが、資金の少ない自分なんかだと大きく振れたときにロスカットされてしまい、その後思惑通りの方向に動いていく、という泣くに泣けない場面にも何度も遭遇してしまいました。資金が続かず撤退すべきかなと思い始めたときにFX1000通貨の単位で取り引きできる会社があることを知りました。

今までは1万通貨の単位でしたのが、10分の1の資金で取り引きできるということで口座開設をして取り引きをはじめてみました。自分にとっての一番の利点は「ゆとりが生まれた」ということです。ロスカットされることもなくなり、損切りの幅も以前より大きく設定して、ゆったりとした気持ちで為替の動きを見られるようになりました。

相場に臨むには、いかに冷静な気持ちでいられるかということがとても大切だということを学ぶことができました。 自分がFXに期待する一攫千金は望めないものの、その資金作りの段階だと思っています。 こうやって、為替の動きを学び、資金を蓄えてから、再び1万通貨の単位に挑戦したいと思っています。

取引業者を選ぶときには様々な角度から見ていかなければなりませんが、それらを色々とみた上でSBIFXトレードは魅力的なものだと考えられます。売買手数料が無料であることや、スプレッドが狭いことなどは当然のことだと言っても良いでしょう。取引コストの面で優れているだけではなく、流動性も優れていますからリスクが小さいと考えられます。

少し具体的な例を挙げてみましょう。以前、スイスがユーロに対する無制限介入をやめると発表したことがあります。そのときには、スイスフランがユーロに対して暴騰しました。これによって大損した投資家もたくさんいたはずです。というのは、FX業者の中には、レートの急激な変動によって配信できなくなったからです。

レートが配信されないと言うことは、つまり取引のしようがないことを意味します。損していることが分かっていても、そのポジションを決済することもできません。ロスカット注文を入れていても、スリッページが発生するどころの話ではないのです。システムがずさんなFX業者では、復旧するまでに長い時間のかかったものもあります。このようなことがあって、大損した個人投資家はたくさんいるのです。

このときでもレートの配信を行っていました。インターバンク市場ではスイスフランの取引が行われていたのですから、きちんとしたシステムを持っていればレートの配信は可能です。それにもかかわらず配信できなくなった業者がいくつかあると言うことは、FX業者を選ぶときには頭に入れておくべきでしょう。

何よりSBIFXトレードは優れたFX業者だと考えられます。100円という少額で取引できたり、他の業者より優れている点はたくさんありますが、何より安心して取引できるというメリットは非常に大きいと考えられます。

私は以前「株」に興味を持った事が有ります。きっかけは「ホリエモン」でした。彼の本を買い、投資や経営の事、お金をどうやって殖やし「お金に働いてもらうか」で不労所得を得たい。そんな考えを持った事が有ります。もっと以前には企業年金として会社が運用していた年金組織を解散し、確定拠出年金を導入する事になり、自ら運用すると言う選択に迫られた時でからでした。

今までは会社任せでしたが、損得も自己責任となったので、どの商品に会社から拠出されるお金を充てて運用するか。非常に悩みました。そんな経験が有ります。FXを含めた金融商品及び取引は、やはり「とっつきにくい」と言うのが本音でただでさえ数字に弱い私の頭はテンテコマイです。

兎も角、基礎の用語である「円高・円安」でさえ時に困惑する事が有ります。FXとは少し方向が違うかもしれませんが、 ホリエモンの本を購入した時に、「一株を抽選でプレゼント」と企画が有り応募したところ、見事にライブドア株が当たりました。その後どうなったかは言うに及ばずですが、株価に興味を持ち経済欄の同社の株価に日々注目した事はしたのですが、やはり一株だけでは損得の大きさも解らない。

印象深いのは、同社の株が紙屑になった時の手続きの面倒臭さでした。 ライブドア社のその後の経緯は割愛します。 そうした経験を「株」で体験しているので、FXの気軽さや仕組みは比較的分かりやすいかなと思います。要するに、日本円とその他の国の通貨とのレート差で利鞘を稼ごうという仕組みだし、少額から始められる事やレバレッジを利用する事も可能である為、儲けられると思えば、倍加率を高めれば良いし、その逆もしかり手堅く取引する事も可能だろう。

株式取引や外貨預金等に比べて手数料が安いのも魅力だし、全ての銘柄(株式・投信商品等)を覚える必要が無い為、簡単にエントリーしやすい。 ただし、やはりこうした金融商品関連は「自己責任」が明確だし、ある意味ギャンブル性も含んでいるので、以前リバレッジで大損をしてしまったと言う方の意見も聞いた事が有るし、政治状況や、紛争等によっては通貨信用が急落すると言うリスクが常に有りますので、どこの通貨にどれだけのリバレッジで運用するかは慎重に見極めなければならないと思います。

あとはどの証券会社を選択するかでしょう。証券会社が信用できなければその先の取引も非常に怪しい物になってしまいます。その点、SBIFXトレードは「SBIグループ」ということですんなり信用できました。いずれにしても大切な資本金を減らす事無く、確実に増やしていく為の手段としてFXという手法が有る。と言う所を抑えておきたいですね。

FXを始めるときの証券会社選びで、スプレッドの狭いところを選ぶのはトータル収支に大きく変わる大切なことです。スプレッドとは言ってしまえば取引のたびに生じる手数料のようなもので、トレーダー側からすればこの額は狭いに越したことはありません。ただ単に同額を短いスパンで取引したとしても、スプレッドの分が差し引かれれば為替差損が発生しますので、このスプレッドがいかに大事なのかがその事実からでもわかります。

FXを今までにやったことのない初心者だったら、スプレッドのことなどまるで考えずに有名でイメージの良いところを選んでしまうかもしれません。それをすることがすべて間違っていると断定してしまうわけではありませんが、スプレッドのことをまったく無視した選び方は賢いとはあまり言えなくなってしまいます。

スプレッドが広ければ広いほどトレーダーにとっては儲け難くなってしまうわけですから、その点についてはしっかりと考慮していなければならないのです。ただし、スプレッドが広かったとしてもそれでトータル収支が絶対マイナスになってしまうとは限らないです。スプレッドは選ぶときの判断基準のあくまで1つであり、それだけを基にして決めなければいけないというわけでもないのです。つまり、スプレッドのことは考慮しつつも他との兼ね合いやバランスを考えて選んだほうが良いということになります。

また、すでにFXを始めてしまっている人は、トータルの収支が伸び悩んだときにスプレッドが足かせになっていないかどうか1度見直したほうが良いのかもしれません。無駄なコストがかかっていればその分も受け辛くなるのは当たり前ですし、その無駄をそぎ落とすための努力をすることはトータル収支を満足いくものにするために必要なことです。スプレッドが狭ければコストを極限までおさえることができますし、たとえその影響が小さそうに感じたとしても決して疎かにはしないほうが良いのです。

サイトマップFXではトレンド系を利用することで相場の流れを予測することができる初心者でも利益が得られやすいFXトレードのメリットやっといつものような相場が戻ってきたと安心する。レバレッジをかけてFXの取引をする場合について豪ドル円の1時間足は下降トレンド。戻りを待って売るつもり。